忍者ブログ
40代で二段登れたらなんかください
[1] [2] [3] [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016年4月29日


2年前まではゴールデン・ウィークといえば
小川山でキャンプが定番だった。
しかし昨年、耳の病気が原因で
恒例のキャンプを中断したのをきっかけに、
わざわざ混んでいる岩場で登らなくてもいいのでは?
という気持ちが強くなってきた。


トシかなあ(´Д` )


とはいえ、せっかくの長期休暇、
小川山には行きたいので、
この日は日帰りでの来訪を予定していたのだが、
あいにくの荒天予報により行き先を三峰に変更。
わりと三峰モチが高目なパチとふたりで
久しぶりに晴天の岩場を楽しんできた。



パチにはペタシ、涼しいマントルと宿題があったが
オレは一応ひと区切りがついていたため、
最終的には太陽寺エリアを目指しつつ、
いろいろとマイナーな課題に手を付けるという計画だった。
そんなわけで最初に手を付けたのも、
シルクハットがあるエリアとは対岸に位置する
グリーンゼブラ周辺課題。
以前、手ぶらで渡渉できることは確認済みだったので、
すんなりと無人のエリアにたどり着くことができた。



渡渉に成功したところでパチが騒ぎ出す。
ザックに入れていた魔法瓶からコーヒーが漏れ出し、
中身がすべて茶色に染まったらしい。
それはそうと、最初に取りついた
ムーヴを考えよう(3級)という課題が
すこぶる考えさせられる課題で、
個人的には小川山の穴社員、笠間のラブタッチ、
瑞牆の一本桜に匹敵するほどの奥深さに
オレは朝っぱらから感動してしまった。
ネーミングのセンスには疑問符がつくが、
多くの人にぜひトライしてもらいたい課題だと思った。




続いてYouTubeにもちらほら動画が出ている
だきつきハングにトライすることに。
岩肌に毛虫が20~30匹くらい張り付いていて、
排除するまでに時間がかかった。
そのうちパチが素足で毛虫を踏んで
心の底から気持ち悪いと思った。
この課題も個人的には三ツ星課題だ。



オレは何とか完登したが、
パチが不意落ちしてねん挫した。
その後、パチが足を冷やしている間に
オレは地面からランジという
ダサい名前の1級を登った。



パチは何とか歩けるということなので
ふたたび対岸へわたって、
その後のことを考えようということに。
渡渉はなんとかうまくいったが、
なんでもないアプローチでパチが足を滑らし、
捻挫した右足を川に水没させた。


なんて日だ!


涼しいマントルの前で
意気消沈する男を何とか元気づけようと思ったオレは、
基本的には一歩も歩きたくないパチの代わりに、
ペタシのフリクションを確認しにいった。
毛虫もおらず、まずまずの状態だと伝えると、
どうやらもう一度奮起させることに成功した。

ペタシ前にパチを残置し、
オレは太陽寺エリアを目指して
岩探索の旅に出かけることにした。
結果的には父岩の先で道を閉ざされ、断念。
川に浸かればもう少し先に行けたかもしれないが、
今回はやめておくことにした。
パチの元に帰ってきたら、
見事にペタシを完登したという。


↑余裕の帰り支度


翌日、判明したのだが、
パチの足首の靭帯は断裂していた。


ネタが豊富すぎる!


《主なトライ/三峰ボルダー》
【ムーヴを考えよう】3級SD ○
 ※考えさせられた。名作だと思う。
【ベルロック】だきつきハング 2級 ○
 ※パワフルな好課題。
【地面からランジ】1級 ○
 ※上部は落ちられない。
【父岩】中級者マントル 2級 OTS ○
 ※黒本では1級の一手もの。完登後の下降も怖い。




PR
2016年4月24日

先週、三峰で雨に濡れそぼった後、
めずらしく本格的に風邪を引いてしまい、
38度オーバーで2日も仕事を休んでしまった。
何とか回復したが、わが家の家族計画では、
今週もオレが岩場にいけるのは雨予報の日曜日。
ちなみに土曜日は妻が晴天の三峰を満喫してきた。

2週続けてババを引くことになったオレだが、
先週と違って朝方には雨がやみ、
昼にかけて晴れてくるとの予報だったので、
盛りとパチを引き連れ、三峰に突撃。
道中は雨が降り続き、たどりついた岩場は
雨こそやんでいたもののびしょ濡れだった。

ま、ここまでは想定内だったので、
のんびりと岩の乾きを待つことに。
涼しいマントルは至るところに染み出しがあり、
岩全体もじっとりと湿っていたが、
およそ2時間後にはトライできる状態に回復。
パチはペタシ狙いで別行動となり、
盛りと二人で因縁の課題に打ち込むことになった。


盛りが二撃!




あっさりと登り、パチの応援に行ってしまった。
当初、残されたオレにプレッシャーなどはなかったが、
徐々に不安が募る展開となる。
この日はなぜか会得したはずの初手に手こずり、
5回に1回決まればいいくらい。
少ないチャンスを生かしてリップ取りに入るのだが、
テーピングでがっちり固めた右手の人差し指が
思うように握り込めず、そこで力尽きる。

腫れた人差し指は約10日前に
まさにこの課題で痛めたもので、
数日前までは歯ブラシを握るのも辛かったほど。
この日は何とかテーピングで
ごまかせるくらいには回復していたが、
最後にフルパワーでカチを握り込む力を
どうやれば振り絞ることができるのか、
段々と自分の中でも自信がなくなっていった。

敗退の可能性を受け入れ、
そろそろラストトライにしようかという時に
パチと盛りが「フリクションが悪い」と言って、
いったんこちらで昼食を取るために戻ってきた。
ふたりに状況を説明したオレは
たぶん意気消沈気味に見えたと思うが、
最後にひとつだけ秘策を残していた。
テーピングを取ってしまうのだ。



これによって思い切り握り込めたが、
不思議と痛みは感じず、
余裕をもってトップアウトができた。
ひとりで悶々としていた時間は
心の中で様々な葛藤があっただけに、
それを乗り越えての完登は
自分の中でひときわ印象深いものがある。
その後はどくろ岩でヨレるまで遊び、
パチはペタシに敗退した。


おまけ動画



《主なトライ/三峰ボルダー》
【涼しいマントル】SD初段 ○
 ※リップ取りで足ブラに憧れていたが、切れなかった。
【どくろ岩】2級 ○
 ※凹角でのバランス、ムーブのアイデアが問われる好課題。
【どくろ岩】奇妙な果実 初段 ×
 ※2級のスタートから左にトラバースし直上が正しいらしい。
  少し触っただけだが、楽しげな予感。



カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カウンター
最新コメント
[07/17 ましゃお]
[03/17 anykey]
[03/17 なべこ]
[02/04 anykey]
[02/04 SEN]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
anykey
性別:
男性
趣味:
ボルダリング
自己紹介:
世の中のボルダラーは、けっこうブログを書いてるよね。みんな読んでるよね。みんな強くなっていくね。でもさ、俺みたいなアラフォーボルダラーはなかなか強くならない。しかも万年3級。強いみんなには面白くないだろうけど、なるべく面白く、つづっていこうと思う。

<スペック>
身長177㎝(ちょっと大きめ)
体重62~64㎏台
  ※62kg台(登れる体重)
リーチ171㎝(これは悲劇)

<思ひ出の完登>

【御岳】
遊歩道岩逆トラバース(初段)
マルガリ(初段)
エゴイスト(初段)
勅使河原美加の半生(初段)
変形忍者返し(初段)
デッドエンド横断(初段)
ファットアタッカー(初段)
ソフト岩トラバース(初段)
遊歩道岩トラバース(1級)
マミ岩階段(1級)
猫砂(1級)
デッドエンド(1級)
丸こんにゃく中央(1級)
忍者返し(1級)
水の詩(3級)

【川井】
ミワタク(初段)
ベッケンバウアー(1級)
ブロックの右(1級)
キャピタル(2級)
I’ve(2級)
雨樋左(3級)

【小川山】
神の瞳(初段)
モルボル(初段)
忘却の果て(初段)
シャーク(1級)
モンスリー(1級)
ベヒーモス(1級)
エイハブ船長(1級)
黒豆(1級)
三日月ハング(1級)
MNP(1級)
流れの中に(1級)

【北山公園】
ショーギ入門(4級)

【瑞牆山】
猫頭ントル(初段)
指人形(初段)
カラクリ(初段)
ガリガリ君(1級)
夏への扉(1級)
日々の暮らし(1級)
祭の花(1級)
百里眼(1級)

【裏御岳】
ジュリエット(1級)
一徹右(2級)

【湯河原幕岩】
貴船(初段)
パイプライン(初段)
ヒールマン(1級)
木漏れ日(1級)

【十里木】
超深呼吸(初段)

【塩原】
鳥(2級)
後悔(3級)
Dライン(3級)
桜(3級)

【笠間】
シンプル&ディープ(初段)
エ・モーション(1級)
シンプルファイター(1級)
スーパーマントル(2級)
ワシントン倶楽部(2級)
ラブ・タッチ(3級)

【三峰】
涼しいマントル(初段)
一輪車(初段)
地面からランジ(1級)
どくろ岩(2級)
ミミズルート(2級)

OS=2級/RP=初段
Copyright ©   anykeyの万年3級ボルダリング日記   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]