忍者ブログ
40代で二段登れたらなんかください
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015年9月6日

週末はいよいよシーズン到来!みたいな気分でいたのだが、
土曜日は天気がよく、日曜はかなり怪しい感じ。
そこで最近、岩場に縁がない妻195を土曜日の小川山に送り出し、
僕は望みの薄い日曜日に岩場に出ることとなった。
ちなみに土曜日のメンツは、ギエ、ライト、195。
ギエは神の瞳を登り、初小川山のライトは穴社員を登ったという。
195は意外なことに穴社員になれず、傷心の帰宅であった。


さて日曜日のメンツはギエ、ライト、むーさん、僕である。
連チャンの人たちがいるが何でこんなに元気なのだろう。
天気予報を信じる限り、
小川山方面に繰り出すのはリスクが大きいので、
15時あたりまで曇り予報の塩原に繰り出すことに。
僕はほぼ諦めていたので、ちょっと二日酔いだったが、
着いてみればフリクションは悪いものの何とか登れそう。
今年の僕はお天道様を味方につけている。

ちなみに塩原はこれで3回目。
だいたい年1回のペースで訪れているが、
前回、「鳥」のスタートでけちょんけちょんにやられ、
何とかこの課題にリベンジしたいと思っていた。
ほかの3人も7月に鳥を撃っており、意見が一致。
いつ雨が降ってくるか分からないので、
さっそく鳥の中間部でアップを開始し、
良い感じに温まったところで
苦手なスタートに再び向き合うことにする。

うん。あいかわらず悪いね

一応、初手の右手を飛ばすムーブは
成功体験があるのだけれど、
ものすごくハードなのでできれば避けたい。
あれこれこねくり回しているうちに、
単純に悪い初手のホールドを強引にカチるという打開策を編みだした。
スタートができるようになり、2度目の通しトライで完登した。





勢いでタンニャバードも片付けようと思ったが、
この後は2度とスタートができなかった。
実は鳥も危ういところだったのね・・・・・
ちなみに153cmと小柄なライトはスタートこそ悠々なのだが、
中間部のムーブが固まらずに鳥敗退。
前日の疲れが残るギエはスタート敗退。
しかし近ごろ成長著しいむーさんはバラシに成功し、
得意の“合わせ一本”を決めていた。

その後はみなで「桜」を撃つというので、
なんとなく気持ちが満足した僕は
未見の課題を散策して歩くことに。
この頃から雨が降ったりやんだりと
不穏な天気になってきていた。
高さのある猿岩はとても興味がわいたが、
ひとりでやるのはどうかなという感じで
6級だけ登っておいた。
水岩、後悔岩も貸し切りだったが、
僕の小さなマットでひとり撃つには心許ない。
もう少し大きなマットがないと、
塩原はひとりで楽しむのは難しそうだ。

書くのが遅れたが、
この日は前日に那須岳を登った魔裟斗とオカーが
短時間ではあったがボルダーにも顔を出した。
すると魔裟斗が、僕が一度もスタートすら切れていない
「エロンチョ」4級を目の前で完登し、
ゲテモノ課題に対するセンスを見せつけるのであった。
その後、僕も初めてスタートに成功したが、
30回以上地ジャンして一度も岩に張り付くことはできなかった。

最後にエロンチョ右端の2級マントル課題に取りついたが、
「返せた!」と思ったところで手の平スリップをかまして転げ落ち、
後頭部を下の岩に強打して心が折れた。
やっぱり一人で無理はいかんね
じきに雨脚が強くなり、15時過ぎには終了。


今のところ脳波に乱れはない


《主なトライ/塩原ボルダー》
【鳥岩】鳥 2級SD 〇 
 ※最初の2手がとにかく厳しい。
【鳥岩】タンニャバード 2級SD ×  
 ※最初の2手がとにかく厳しい。上は知らない。
【猿岩】グリーン 6級SD 〇   
 ※高さがある。バランス取りづらい。
【後悔岩】センターマン 2級 × 
 ※上までいったけど小さなマットだと怖いのでやめておいた。
【エロンチョ岩】エロンチョ 4級 × 
 ※乱れ撃ったが敗退。おちんちんはぶつけないことが分かった。
【エロンチョ岩】エロンチョRR 2級 × 
 ※スポッターがいれば恐らく登れる。身をもって知ったが、右に落ちると危険。
  冒頭の写真でエロンチョ岩の右下にある黒っぽい岩に頭をぶつけた。








PR
2014年4月19日


実はこれまでどハマりしたことなかった。
なぜなら僕は諦めがいいから。
ところが今回、約半年ぶりに訪れた塩原で、
この言葉の意味を知ってしまった。





前回、めぼしい3級はすべて登れてしまったので、
「鳥」という三ツ星の2級課題に狙いを定めたのだけど、
やってみるとのっけから難しいのだ。
一手目はしっかり止まる。でもその後がとにかくできない。
体格的に向いてないところがあるのか、体が固いのか、
ぜんっぜん、しっくりこない。
30回以上撃ったけどほぼスタートで落ちる。


どハマり!!!


ほかに適当な課題があれば逃げたかったけど、
ないので居座るし、スタートができないので
イライラが募る悪循環!
それでも一応、自分向けのムーブは開発したのだ。
右の一手目、二手目と飛ばすのだが、
いかんせん負荷が高い。
具体的には2回連続で成功したけど、完登には至らず。
ここで決められなかったのがまあ敗因。
その後は一度たりとも再現できないムーブだった(´Д` )
トライしている多くの人たちは難なくこなす部分だけに、
悔しい気持ちが大きかったよ。

ちなみにこの日一緒だった
最近不調のパヤシ君は
鳥と同スタートのタンニャバードを
あとはマントルを返すだけというところまで持っていっていた。
周りの人はスタートができない僕を見て、
鳥なのかタンニャバードなのか
分からなかったに違いない。


ざまあみろ!


紅一点のちづる殿も初の塩原で後悔3級を完登。
ふたりの上機嫌な様子を見る限り、
全体としては悪くない結果となったみたいだ。


スタート核心は、岩場では辛いな(´Д` )



おまけだコノヤロー!





《主なトライ/塩原ボルダー》
【後悔岩】後悔 3級〇
※再登。前回取り損ねた動画撮影に成功。
【鳥岩】鳥 2級×
 ※ボコボコにされた印象。
【エロンチョ岩】エロンチョRL 2級×
 ※できそうでできない。
【桜岩】桜 3級○
 ※再登できてよかった。いい課題!




カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カウンター
最新コメント
[07/17 ましゃお]
[03/17 anykey]
[03/17 なべこ]
[02/04 anykey]
[02/04 SEN]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
anykey
性別:
男性
趣味:
ボルダリング
自己紹介:
世の中のボルダラーは、けっこうブログを書いてるよね。みんな読んでるよね。みんな強くなっていくね。でもさ、俺みたいなアラフォーボルダラーはなかなか強くならない。しかも万年3級。強いみんなには面白くないだろうけど、なるべく面白く、つづっていこうと思う。

<スペック>
身長177㎝(ちょっと大きめ)
体重62~64㎏台
  ※62kg台(登れる体重)
リーチ171㎝(これは悲劇)

<思ひ出の完登>

【御岳】
遊歩道岩逆トラバース(初段)
マルガリ(初段)
エゴイスト(初段)
勅使河原美加の半生(初段)
変形忍者返し(初段)
デッドエンド横断(初段)
ファットアタッカー(初段)
ソフト岩トラバース(初段)
遊歩道岩トラバース(1級)
マミ岩階段(1級)
猫砂(1級)
デッドエンド(1級)
丸こんにゃく中央(1級)
忍者返し(1級)
水の詩(3級)

【川井】
ミワタク(初段)
ベッケンバウアー(1級)
ブロックの右(1級)
キャピタル(2級)
I’ve(2級)
雨樋左(3級)

【小川山】
神の瞳(初段)
モルボル(初段)
忘却の果て(初段)
シャーク(1級)
モンスリー(1級)
ベヒーモス(1級)
エイハブ船長(1級)
黒豆(1級)
三日月ハング(1級)
MNP(1級)
流れの中に(1級)

【北山公園】
ショーギ入門(4級)

【瑞牆山】
猫頭ントル(初段)
指人形(初段)
カラクリ(初段)
ガリガリ君(1級)
夏への扉(1級)
日々の暮らし(1級)
祭の花(1級)
百里眼(1級)

【裏御岳】
ジュリエット(1級)
一徹右(2級)

【湯河原幕岩】
貴船(初段)
パイプライン(初段)
ヒールマン(1級)
木漏れ日(1級)

【十里木】
超深呼吸(初段)

【塩原】
鳥(2級)
後悔(3級)
Dライン(3級)
桜(3級)

【笠間】
シンプル&ディープ(初段)
エ・モーション(1級)
シンプルファイター(1級)
スーパーマントル(2級)
ワシントン倶楽部(2級)
ラブ・タッチ(3級)

【三峰】
涼しいマントル(初段)
一輪車(初段)
地面からランジ(1級)
どくろ岩(2級)
ミミズルート(2級)

OS=2級/RP=初段
Copyright ©   anykeyの万年3級ボルダリング日記   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]